私たちは⾵⼒、太陽光発電事業をグローバルに展開する
ユーラスエナジーグループの運転・保守管理部門として、
全国の発電所の安全・安⼼を⽀えています。

⾵⼒発電事業最⼤⼿ユーラスエナジーグループの発電所、全国45カ所を⽀えています。

北海道から⿅児島まで、全国にある⾵⼒発電所36カ所と太陽光発電所9カ所の日々の運転・保守管理を実施しています。

ユーラステクニカルサービスは、再⽣可能エネルギー開発をグローバルに展開するユーラスエナジーグループの⼀員として、国内で展開中の⾵⼒・太陽光発電所の運転および保守管理の機能を担っています。
全国に17カ所ある事業所に社員が運転・保守管理担当として常駐し、ユーラスグループの発電所に何かあればすぐに駆け付ける事が出来る体制に加え、東京本社からの様々な支援や、地域の協⼒会社との協働により、安定した電⼒供給を実現しています。
国内での⾵⼒・太陽光発電の導⼊がスタートした当初から事業に携わり、地道に蓄積してきた運転および保守管理のノウハウと実績、そしてこれらを支える人財が、私たちの⼤きな強みです。

地域に密着し、地域貢献につながる様々な活動を⾏っています。

⾵⼒発電、太陽光発電ともに、地域の方々の理解と協⼒無しに操業を継続することはできません。良好な関係を築ける様、私たちは様々な地域活動に参画しています。

全国の事業所に常駐する当社スタッフが地域の⼀員として、清掃活動や植樹、草刈といった地区⾏事や、地域のお祭り、運動会などに参加する事で、地域の活性化に貢献し、地域の⽅々とコミュニケーションを深めています。
他にも、地域主催のマラソン⼤会やクロスカントリー⼤会など観光イベントへの協賛、運営サポートも積極的に⾏っています。
また、将来を担う⼦どもたちへの啓発活動にも⼒を⼊れて取り組んでいます。再⽣可能エネルギーについての理解を深めてもらうべく、地域の⼩学校で環境教育の出前授業や、発電所に近隣住民の方々を招いての⾵⾞⾒学会を実施しています。

安全・安定操業のため、徹底したリスク管理や作業の効率化に取り組んでいます。

点検作業や予防保全の実施に加え、本社での24時間集中監視センターやデータ分析の専門部署の設置による管理体制の強化で、全社的な安全管理体制を構築・推進しています。

私たちにとって、地球にやさしい再生可能エネルギーを供給すること、そのために安定操業を継続することが、非常に重要な使命と考えています。
全国36カ所にある⾵⼒発電所に設置している風車は約430基。
全国9カ所にある太陽光発電所に設置しているソーラーパネルは約113万枚。
その全ての状態を管理し、トラブルが発⽣しないようにするための点検作業や予防保全作業の漏れなき実施が⼤切です。
私たちは発電所内の定期メンテナンスを徹底する事でトラブルの予兆を捉え、的確な予防保全作業につなげているほか、24時間集中監視センターでこれらの設備を365⽇24時間監視できるシステムも導⼊し、いつトラブルが発生しても対処する体制を整備しています。
さらに、⽇々の操業データに加え、機器の温度や圧⼒、回転数等の多様な測定データを的確に分析し、結果を予防保全計画の策定・実施に活用しています。

業務内容

採用情報

エネルギーの未来を支える仕事です

風力、太陽光発電所の安全・安心操業を通して、地域のみなさまと共に発展し、地球にやさしいエネルギーを供給を支えます。

採用情報